このサイトについて     Anon.

作者、Anon.が少しずつ書きためた自作の掌編小説
(というよりは作品に至る断片)を公開しています。
新作もアップして行きたいとおもっています。
当方、インターネットに関してはずぶの素人、コンピュータのスキルもほぼ
皆無で、当サイトも、ごらんのとおり、雛形をそのまま使用しただけの無芸
なしろものですが、追々充実させて行くつもりです。
今後ともよろしくお願いします。

作者が興味を引かれるもの

奇妙なもの
かたよった思想
その来歴


作者が手本とする文章(順不同)
「初期ギリシャ哲学者断片集」(山本光雄編 岩波書店)の文体
「イスラム世界」(前嶋信次著 河出文庫版 世界の歴史)の語り口
ブニュエル及びダリの映画「黄金時代」のシノプシス(ルイス・ブニュエル筆)
「精神の氷点」(大西巨人作 みすず書房)における空襲の描写
「私的所有論」(立岩真也著 頸草書房)の文体
「毒虫飼育」、「食虫植物譚」など黒田喜夫の一連の詩作品
その他いろいろ

作者が好きな音楽
シベリウスの交響曲(特に第6番)
ヴォーン=ウィリアムズの交響曲(特に第5番)
アンリ・トマジの「12のコルシカの歌」のレコードは20年間探し続けて、ようやく2005年8月に手に入れた。
コンラート・シュニッツラーのCon3
ペーター・バウマンのRomance76は私の夢のテーマ音楽
ソ連国歌は落ち込んだときに聴く
ミサ・ルーバはパゾリーニの映画「奇跡の丘」で知った

作者が好きな映画
ロベール・ブレッソン「ラルジャン」、「バルタザールどこへ行く」はまだ観ていないが、
題名が好きなのでここに挙げておく
トリュフォー「緑色の部屋」はパゾリーニ「ソドムの市」を観た後の口直し(?)に観た
が、「ソドムの市」で黒人のメイドを射殺したパオロ・ボナチェリが、肩からずり落ちた
サスペンダーを無造作にたくし上げるシーンは私のサスペンダー趣味の原点となった

更新履歴
2001年5月12日  「family tree」及び「じゅず玉」を追加

2001年6月8日   「アメリカの殺人鬼」及び「script」を追加

2001年7月6日   小説「対岸」をアップ

2001年7月16日  リンク集「夢の蒐集」に、みけさんの「夜みた夢の部屋」、naokiさんの
「小説・シュールな夢」、からさわさんの「正しい夢類図鑑」を追加。それぞれに特色があり、面白いサイトです。

2001年9月8日 小説「ケンタウロス座のアルファ星」をアップ

2001年12月14日 小説「旅と侵入者(前編)をアップ

2002年2月11日 小説「旅と侵入者(後編)をアップ

2002年6月1日 小説「発症!」及び「atopia」をアップ

2002年6月15日 寸評再録頁「深夜の香油」を設置

2003年6月15日 小説「テング飛行予告篇」をアップ

2003年11月25日 小説「トンボ玉」をアップ

2003年12月14日 小説「トンボ玉 2個目」をアップ

2004年1月2日 「「散歩の手帖」から」及び「エンブリヨとウルリケ」をアップ
2004年5月30日 「伯林・地獄の工場」、「とびおりる」、「投石」をアップ

2004年10月11日「獣の牙を抜く父」をアップ

2007年3月3日「大油田交響曲」をアップ

2007年3月10日「ウメボシ」をアップ

2008年2月3日「雪を踏む」をアップ

2008年4月10日 公開済の作品20篇と未公開の作品2篇をまとめて、作品集「アドルフの夢」を出版。発行:ブイツーソリューション、発売:星雲社
→実売たったの25部で在庫を持て余しています。ご希望の方には無料でお分けしますのでメールで連絡ください(2010.12.28追記)。

2009年3月8日 「ナイアルラトホテップ上演会」をアップ

2009年4月29日 「舟遊び」をアップ

2011年8月15日 「わたしの戦争体験」をアップ

2012年12月22日 「駆け下りる」をアップ

2012年12月29日 「空飛ぶ円盤」をアップ

2013年6月20日 「猫と旅する」 「魚の形をしたガラスのナイフ」をブログから転載


表紙に戻る


目次に戻る