"ナルチョ"の愛称で知られる、泣く子も黙るスーパーべーシスト鳴瀬喜博。そのイケイケのプレイは他の追従を許さない。
ロックからジャズまでこなすという幅広い音楽性と、その超絶技巧はまさに天下一品。
またしばしば観客席にまで乱入するというその熱狂的なステージ・パフォーマンスは、ライブでの大きな魅力のひとつだ。

「カルメン・マキ&OZ」「金子マリ&バックス・バニー」等で活動後「QUYZ」「CHAOS」「うるさくてごめんねバンド」等のバンドを率いてのソロ活動。多数のセッション、ライブ、アルバム製作と、積極的な活動を続け、現在は「カシオペア」「野獣王国」「URUGOME」のベーシストとして活躍中!!
TUNEとのコラボレイションは、TUNE設立当時から始まり、カシオペアに参加する1989年、初のシグネイチャーモデルを製作、現在に至る。その長い歴史の中で「アカッパチ」「ケロンパチ」「アカテン」など数々の名機が誕生した。


Narucho's Profile
It is no doubt that Narucho is one of best bass player in Japan. His dynamic and technical
play created many followers in Japanese music scene. His playing style covered from rock
to jazz attracts most audience in his performance.

Narucho has worked with Carmen Maki & OZ, Mari Kaneko's band, QUYZ, CHAOS and
other leading bands while he proceeds his solo projetcs, sessions and studio recordings
Now he is with Casiopea, Yaju Oukoku and Urugome.
When Tune company was established, Narucho has started to colaborate with our
projects. At time when he joined Casiopea in 1989, Tune bass made his signeture models
such as "AKAPPACHI", "KERONPACHI and "AKATEN".



【Casiopea Web】
http://www.casiopea.co.jp/

【鳴瀬喜博オフィシャルサイトNaruchops.com】
http://www.naruchops.com/pc/


鳴瀬喜博オフィシャルfacebook
https://www.facebook.com/naruchops/

【鳴瀬喜博ブログ ナルチョの俺にもちょこっとちょこっと言わせろ!!】
http://ameblo.jp/naruchops

【Timチョ Presents / Tim Bogert Maniac】
http://grandfunk-maniac.org/maniacs/tim-bogert/






ナルチョModel ページへ





伝統的日本文化を基盤に男女ツインヴォーカルという特異な編成を持ち、独自な世界を繰り広げ゛る「陰陽座」。
「陰陽座」のリーダーであり、ベーシストの瞬火は、同時にボーカリストであり、コンポーザーであり、プロデューサーでもある。
「動」と「静」・「陰」と「陽」・「剛」と「柔」を表現する彼らの音世界をささえるTUNE Bass....



【陰陽座 Official Web Site】
http://www.onmyo-za.net/index.html


【Facebook】
https://www.facebook.com/omz.official/


【Twitter】
https://twitter.com/omz_official

【YouTube】
https://www.youtube.com/user/omzofficial


瞬火シグネイチャーModelページへ


「サンタナ」「ウエイン・ショーターバンド」などで知られているベース界の大御所キースジョーンズ!!
1980年代からTUNE Bassを(BE-6、TWB-6等)使用し、絶妙のトーン、卓越したテクニックで現在に至る。







A PERFECT WORLD キースジョーンズ Keith Jones






1960年10月24日、大阪で生まれる。

京都大学卒業後バークリー音楽大学に留学。
'85、'86年度のバークリー・エディ・ゴメス・アウォード受賞。
'87年に同大学作曲編曲科を卒業。

帰国後は都内のライブハウスやスタジオセッションを中心に活動。
'96年~'08年、渡辺貞夫グループのレギュラー・ベーシストとして、全国ライ ブハウスや、
モントルージャズフェティバルを初めとする、海外ジャズフェスティバルなどに多数に出演した。

その一方森山良子、桑田佳祐、石井竜也、平井 堅、チャカ、マンディ・満ちる、Birdなど の
ポップス系ミュージシャンのレコーディングやツアーにも参加する など幅広い活動を展開している。

'01 年より、大坂昌彦、小池修、青柳誠の3人とともに作ったユニット「EQ」で、
5枚のアルバムのリリースし、2004年度の東京ジャズなど数多くのライブ活動を積極的に展開している一方、
洗足学園大学では音楽科ジャズコースのベース講師を務め、後進の指導にも積極的に当たっている。

'97年7月、初リーダーアルバム“三色の虹”を、'99年3月には布川俊樹との共同アルバム“DuoRama”をリリース。

'06年1月、リーダー作“琴線/ The Chord“をリリース。

'09年3月、布川俊樹との 共同アルバム第2作目“DuoRama 2”をリリース、いずれも好評を博している。

また4本の教則DVD「すぐ弾けるジャズ・ベース」「ジャズベース・スタンダード」(リットーミュージック)、
「ウォーキング・ベース自由自在」「ウッド・ベースの嗜み」(アトス・インターナショナル)も、好評を博している。

オフィシャルサイト:
http://www.osamukoichi.com/











【SHO AMANO Official Web Site】
http://www.sho-amano.com/index.html






大学在学中より作編曲家、ベーシストとして活動をスタート。
以来、数多くのアーティストの作品&ライブサポートに参加。本人の作るデモテープでの
コーラスワークには定評があり、コーラス参加の作品も多い。その後、doaを結成。
ボーカル&ベースのみならず、doaのレコーディングではプログラミング、ピアノ、オルガン、
ギター、マンドリン、パーカッション等も担当している。趣味は、バイク、アウトドア。

≪主な作品、ライブ参加アーティスト≫
B'z、松本孝弘、稲葉浩志、ZARD、TUBE、倉木麻衣、BREAKERZ、愛内里菜、上木彩矢、MISIA、
KUT-TUN、森進一、TMG、Shane Gaalaas、小松未歩、大野愛果、Fayray、三枝夕夏 IN db、T-BOLAN、
宇徳敬子、北原愛子、上原あずみ、高岡亜衣、竹井詩織里、FIELD OF VIEW、DEEN、the ★tambourines、
滴草由実、岡崎雪、TWINZER、中谷美紀、DEMENSION、野呂一生、Tina、and more  (順不同)

【doa official web site】

【Twitter】
https://twitter.com/AkihitoTokunaga


【doa official Facebook】
https://www.facebook.com/doa.official.jp


TUNE30周年記念イベント!鳴瀬喜博&徳永暁人 チョッパーと麗しきBASSの世界!
http://shop.plaza.rakuten.co.jp/ikebe/diary/detail/201311090001/


TUNE & Phoenix Presents 徳永暁人 麗しのベースの世界III
https://shop.plaza.rakuten.co.jp/ikebe/diary/detail/201511160000/





松浦‘Matsu’貴文

M&M(Ba&Vo)、BRASH(Ba)、
BREAKERZ、DAIGO☆STARDUST、DAIGO、のサポート等で活動中。



Matsu OFFICIAL BLOG
http://ameblo.jp/rock-bass-matsu/


Twitter
https://twitter.com/matsu19800728?lang=ja








http://chris2006.fc2web.com/
古くからのTUNE エンドーサーであるクリスシルバースタインのWeb Site。
様々なミュージシャンのステージ&スタジオで活躍している。




Profile

姉はピアノ、兄はヴァイオリンを習っていたにもかかわらず、幼少時代は音楽とは全く無縁の日々を送る。
野球やサッカーに明け暮れる。
中学に入り、クラスメイトがバンドをやり人気者になっているのを見て自分もミュージシャンになることを決意。
中学卒業とともにエレキギターを手にする。
高校卒業後以前から低音が気になっており、ベーシストに転向。
本格的にミュージシャンを目指す。
某専門学校に入学。
21歳の時フレットレスベーシスト永井敏己氏に師事。
その後様々なバンドに参加。
現在フリーのベーシストとしてアーティストのサポートやレコーディング、ミュージカルで活動するかたわら
自己のバンドTRAFFIC INFORMATIONで活動中。
また専門学校や自宅レッスンにて後進の指導にも積極的にあたる。
BASS の可能性を追求すべく日々精進中。



Official Site
http://www.nanjiro-music.com/






Photo:ジャン松元
Profile

■1957 年まれ。
15 歳からギターを始め、フォーク、クラシックギターと進み、伝説のバンド”紫”のlive を見てベースを始める。
■1985年
”紫”のギタリスト比嘉清正氏のバンド”比嘉清正&Energy”に参加
■1987年
”紫”のリーダー、ジョージ紫氏率いるGMP(ジョージ紫プロジェクトに参加
■1994年
ギタリスト”YUTAKA"のCD にドラマーのジョニー吉長氏と参加
■1995年
ギタリスト”YUTAKA"の2nd アルバムにsax 奏者の”MALTA”の当時のドラマー、”スコット”氏と参加
■1995年
太陽風オーケストラ参加
■1998年
”E.G.Q Electric Guitar Quartet(エレクトリック・ギター・カルテット)の1st アルバム" E.G.Q"に”鳴瀬 喜博”氏と”菅沼孝三氏”と参加
■1999年
デビューアルバム”太陽風”をリリース、以来3 枚のアルバムをリリース
海外、県内外を含め活動中。
■2000年
” E.G.Q 2nd アルバムに参加
現在は、太陽風オーケストラの他に自身のソロ活動も行っている。


Photo:ジャン松元

【ブログ KatのRock'n Bass】
http://basskat.ti-da.net/


【facebook】
https://www.facebook.com/katsuyoshi.uema






1988年生まれ。15歳よりベースを始める。東京音楽大学作曲専攻卒業。
エレクトリックベースを鳴瀬喜博氏、作曲を三枝成彰氏、服部克久氏に師事。
在学中より自身のセッション活動を展開し、様々なプロミュージシャンと共演。
アルバム「dulcet feat.KENSHU」では共同アレンジ、全曲ベースで参加。
2010年Stevie WonderとMichael Jackson楽曲のHOUSEコンピレーションアルバム「WONDERBOX」「THIS IS MIX」の制作アレンジ、レコーディングに参加。また多数のアーティストのライブサポートなど務める。

現在はピアノトリオ「ai kuwabara trio project」の共同プロデュース、ライブを中心に活動。



Yusuke Morita biography
 
Yusuke Morita was Born on January13, 1988 in Japan.
His parents immersed him at a very young age in various musical environments: Rock, new wave, screen music and jazz. 
Yusuke started to learn drums and guitar and trombone in his school days,
then he converted to electric bass when he was 15 years old.
He also interested in many kind of music especially Jazz fusion,Hiphop,R&B,Funk,Dubstep,2step ,Drum'n'Bass.
And then he started to study improvisation by himself.
 
Yusuke studied composition at TOKYO COLLAGE of MUSIC from 2006 to 2009.
And studied electric bass under Yoshihoro Naruse(CASIOPEA).
Yusuke started his career with many professional musicians,and DJs.
Yusuke was also inspired by Four finger technic by Mathew Garrison,Hadrien Feraud.
And Yusuke moved to Europe in 2013, and took a lesson of Dominique Di Piazza in Paris.

Yusuke produced his solo album "1st Cheezeness" as his graduation work,
it includes strings section, accordion, drums, keys, guitars and some electronic materials.
Yusuke composed and produced them,
and later, some tunes of them are released from Denmark's independent label "Kradsbørstig records" as "1st Cheeze-ness plus a" on iTunes and spotify in 2014.

Yusuke started to join in the piano trio "ai kuwabara trio project"
as a bassist and co-producer,since 2010.
1st album "from here to there" 2012
2nd album "THE SIXTH SENSE" 2013 (Jazz Japan Award 2013 "New Star Awards")
3rd album "the Window" 2014
4th album "Love theme" 2015.
(bass, co-produce)

The trio project had a big stage at Tokyo Jazz Festival in September 2013,
and also had live tour in west coast of USA in November 2013, it has big succeed.

Interview of "ai kuwabara trio project" (THE JAPAN TIMES)

http://www.japantimes.co.jp/culture/2013/09/04/music/pianist-ai-kuwabara-to-live-out-her-dream-on-stage-at-tokyo-jazz-festival/?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter#.UjQ2AWR5MV2






【Yusuke Morita official site】
http://yusukemorita.jimdo.com/

【ai kuwabara trio project official website】

http://www.aikuwabaratrio.com/

TUNE30周年記念イベント 森田悠介ベースクリニック!!



Into the Future or the Past?/ ai kuwabara trio project


Whether or not / ai kuwabara trio project



LABORATORY / ai kuwabara trio project


Bet up/ ai kuwabara trio project





『手数王』こと菅沼孝三氏との活動を中心に、道下和彦氏、矢堀孝一氏、大橋勇武氏、
園田 涼氏、Lenny Castro氏、田川ヒロアキ氏、SATOKO氏等とのライブ共演や、
『東京佼成ウインドオーケストラ』、『シエナ・ウインドオーケストラ』といった
日本のトップ・プロ吹奏楽団のレコーディングにゲスト・ミュージシャンとして参加。
また、オフコース、坂本九等に楽曲提供をしているシンガーソングライター、
あんべ光俊氏のバックバンド『浪花あんみつ楽団』への参加や、
アニメ『うたわれるもの』等数多くのアニメ、ゲームの主題歌を担当している
実力派女性シンガーSuaraのライブ・ツアーにも参加中。

Studio240 Bun's Home Page
http://studio240.jp

Facebook
https://www.facebook.com/hirofumi.bun.nishio





ソロベース、ベースの弾き語りなど、独自の世界を持つ兄蔵(あにぞう)



【Ani-Zoo official site】
http://ani-zoo.com


【Facebook】
https://www.facebook.com/bass.anizoo?sk=wall


Ani-Zoo(兄蔵) タッピングBass Live映像





吉岡ミカン泰祐

14歳でYAMAHAのコンテストでベストベーシスト賞を受賞し、私立灘高校吹奏楽部部長を務め、高校在学中よりプロ活動開始。京都大学経済学部卒。
ジャズやラテン音楽の造詣が深く、Sandi Blair(Vocalist from NewYork)、Yoko Miwa(Pianist:Assistant Professor at Berklee College of Music)、Dwayne Cook Broadnax(Drummer:Professor at Long Island University)、Yujiro Nakajima(Brasilian Guitarist from Vancouver)、Mako(Brasilian Vocalist from Rio de Janeiro)、石川智(Percussionist)、田村太一(Guitarist)、冨士正太朗(Percussionist:Pepote Cajon Japan)、など国内外の実力派ミュージシャンと多数共演、レコーディングやツアー等多数参加。
音楽を始めたのが13歳からと遅かったため高校在学中より独学で音楽理論を習得し、明快かつ合理的なメソッドで音楽理論初学者たちからの大きな支持を得る。
また司法書士資格を有するなど法律に明るいという一面もある。




http://www.mykhalcompton.com/
TUNE Bassを使用し、アメリカで活動するファンクベーシスト
Mykhal CのオフィシャルWeb Site







ロス在住のベースプレーヤーDoug Rossのウエブサイト
http://www.dougross.net/